一般歯科
痛みの少ない虫歯治療

多くの方は「虫歯治療は痛い」というイメージをお持ちで、そのためなかなか歯医者に行けず、治療が遅れてしまいがちです。そして余計に虫歯が進行してしまったが故に、大掛かりな治療が必要になり、さらに痛い思いをして「やっぱり歯医者には行きたくない」と思ってしまうものです。

そうならないためには、できるだけ痛くない治療をご用意することが大切であると考え、当院ではドックスベストセメントを使用した虫歯治療を行っております。これは、虫歯になった歯に詰めるお薬で、大きく歯を削らずに治すための方法です。

また、麻酔を打つ際は表面麻酔を塗って歯茎を麻痺させ、最も細い針と電動麻酔器を使って麻酔液を入れていきます。その際、解剖学的に一番痛くない位置や方向に針を入れることも重要です。こういった工夫によって、当院では「えっ、もう麻酔を打ったんですか?」と驚かれることもあるくらいです。

「歯医者に行くと痛いことをされる」というトラウマを作らないためにも、虫歯の際はぜひ当院へご相談ください。そして、何よりも早めに治療を受けるようにしましょう。

こんな方はお早めにご相談を

  • 歯が痛い
  • 歯が黒くなった
  • 歯の一部が白く見える
  • 歯に穴があいている
  • 食べ物が挟まりやすい
  • 水や甘いものがしみる
  • 舌が歯に引っかかる感じがする
  • 歯が浮いたように感じる
  • 歯が痛い

これらのいずれかに当てはまる時はもちろん「歯の感覚がいつもと何か違うな」と思った時は、できるだけ早く診察を受けるようにしましょう。

ダイアグノデントで経過の観察を

当院ではレーザーによる虫歯の早期発見・予防管理・虫歯診断器である、
ダイアグノデントを導入しています。
必要以上に歯を削らない予防的な治療です。

歯の削りすぎは、歯を生涯にわたって健康に保つためにはよくありません。 

以前から虫歯の予防を重視している当院もダイアグノデントを使用し、

可能な限り歯を削らない治療を行っています。 
虫歯に冒された歯から発せられる光を読み取って、虫歯の状態、脱灰の状態、を数字で表します。

レーザーを使って歯が虫歯で弱くなっていないかを調べます。

ダイアグノデントって

学生の時にアルバイトをしていた歯科医院で使用していたのがすごく印象的で、自分が開業する際は必ず導入しようと考えていました。

ダイアグノデントは0~99までの数値が表示され

0 ~15:健康な歯と診断がつき

15~40:歯質が弱くなっている状態です。フッ素塗布を伴う予防処置を行い、

      経過観察をしていきます。プラークコントロール等、
      う蝕リスクをコントロールしていきます。   
41~99:虫歯の始まりです。場合によっては予防で管理できますが、治療が必要です。

という基準で判断します。

ダイアグノデントでの診断で歯の健康を創造します 
視診やX線とともにより高い精度の診査を可能にした高性能のレーザーと思っていただいて結構です


何がわかるのか

歯の一部が、黒くなったり、白くなったりしている場合も、すべてがむし歯というわけではありません。

X線にはっきりと写ってこない段階で、視診(見た目)だけで、
削らなくても済む歯を、削ることもなくなります。 

ダイアグノデントの数値、視診、X線画像、う蝕リスク等、より丁寧に診査して、総合して、診断します。

また、逆に、隠れむし歯と呼ばれるむし歯もあります。
表面には穴が開いていないものの、歯の内部に進むと象牙質に大きく広がっているむし歯です。 

そういうむし歯は、確実に見落とすことなく、小さく削って感染資質を取りきれる段階で発見し、プラスチックなどで治療をするのがベストです。 
その発見にも、ダイアグノデントは、力を発揮してくれます。

応募はこちらから

治療が終わったらメンテナンスを
虫歯治療が終わった後は、二度と同じような治療を受けなくて済むようメンテナンスをする必要があります。
その方法の一つが、院内でのクリーニングです。3ヶ月に一度は歯をきれいにして異常がないかチェックすることで、大掛かりな治療をしなければならないリスクをほとんどなくすことができます。
また、メンテナンスでは痛い思いをすることはほとんどありません。痛みが嫌いで治療を受けたくないという人ほど、きちんとメンテナンスを続けていくようにしましょう。
医院名 なかのぶ歯科
住所 東京都品川区東中延2-9-7 NNビル2F
会社住所
住所 東京都品川区東中延2-9-7 NNビル2F
TOPに戻る TOPに戻る TOPに戻る